そろそろ気になりませんか?中年男性の生活習慣!

痛風の症状は?

カテゴリー:記事

『痛風は痛いらしいぞ…』なんていう脅し文句を聞いたことはありませんか?

痛風とは、身体の中に尿酸という物質が蓄積されて、これが基で足の指等に関節炎を引き起こす病気です。

発症当初は急性ですから、かなり激しい痛みがあるものの、しばらくすると治まります。

しかしながら、これは痛風が治ったわけではありません。ここで放置してしまうと、しばらくしてから、また関節の痛みがやってくるのです。このように何度も関節炎を繰り返すと、痛風は慢性化し、腎臓への悪影響や結石等の症状も出始めるのです。

どうして痛風になるのか?

痛風は、血液中の尿酸値が高い状態が続くことで発症します。具体的には血清尿酸値が7.0mg/dLを超えてしまうと危険信号です。

この状態は「高尿酸血症」と呼ばれ、尿酸が多すぎて血液に溶け込みきれず、結晶化して身体に蓄積され続けている状態なのです。これを数年間にわたり放置してしまうと痛風が発症します。

ちなみに女性ホルモンには尿酸を体外に排泄する働きがあるため、男性に比べて血清尿酸値が高くなることはそれほど多くありません。実際、痛風患者の9割以上は男性なのです。

尿酸値が高くなってしまう原因は数多くありますが、高カロリーや糖分の多い食事、アルコール等が主な要因と考えられています。

治療は?

不幸にして痛風が起きてしまったら、まずは痛みの出ている箇所を冷やして、血液の流れをゆっくりにします。患部をさすったりマッサージをしてはいけません。

また、市販の痛み止め鎮痛剤にはアスピリンを配合しているものが多いのですが、アスピリンは痛風の痛みを増してしまう場合があります。必ず成分を確認して、非アスピリン系の鎮痛剤を服用してください。

当然のことながら、市販の鎮痛剤は非常用の応急処置です。鎮痛剤で尿酸値が下がることはありませんから、痛みがあるうちに必ず病院で診断を受ける必要があります。

病院での治療は、まずは痛みを抑えます。その後に、尿酸値を徐々に降下させる治療に入るわけです。投薬が中心ですが、生活習慣や食生活の改善も必要になってきます。

痛風にならないために

尿酸の原料となるのはプリン体と呼ばれる物質ですが、これは数多くの食品に含まれています。「プリン体ゼロで安心!」と謳ったビールも盛大に売り出されていますが、このビールを飲んでいれば痛風の心配もゼロというわけではないのです。

さらに、食物から摂取されるプリン体は、体内のプリン体の約3割程度にすぎず、他にも、身体の新陳代謝や運動によって、身体の中でプリン体は発生しているのです。

こう考えると痛風対策は食事の制限だけでは不十分です。身体の負荷が少ない有酸素運動(ウォーキングやゆっくりとジョギング)も有効ですし、体脂肪・体重を減らすことも有効な尿酸値低減策です。

まずは健康診断結果の「血清尿酸値」に注目し、毎日の食生活や生活習慣の見直しから始めましょう。

人気の記事TOP3