そろそろ気になりませんか?中年男性の生活習慣!

美容液ってなに?

カテゴリー:記事

女性なら誰でも知っていて、逆に一般の男性ではほとんど知らないのが化粧品の世界です。

化粧水、化粧液、乳液、美容液 etcいろいろな種類があります。メーカーによる違いもありますが、それぞれ違った役割を持っています。

また、近頃は、『化粧水は保湿の必須アイテム』と言われて男性用の化粧水も多く販売されています。

ただ、化粧水だけで保湿は十分できるのでしょうか? さらに保湿だけしてれば男性のスキンケアは完了なのでしょうか?

ここでは、化粧水から一歩進んだスキンケアとして美容液に注目してみましょう。

男性の方が効果を実感できるはず

男性でもよく使うようになった化粧水は、肌に不足している水分を補う働きがあります。

ただ、水分を補給しても、これを保持し続けなければ健康な肌にはなりません。

そこで必要になるのが、肌に栄養分を与えたり、保湿機能をアップさせてくれる美容液なのです。

美容液の基本機能を考えると、美容液は女性だけに必要なものなのでしょうか?

考えてみると、男性の方が、毎日髭剃りシェーバーで肌にダメージを与え続け、飲酒や喫煙、夜更かしといった毎日の悪習慣は、女性よりひどいかもしれません。女性よりも男性の方が肌に負担をかけている場面は多いのではないでしょうか?

さらにこれまで、全く美容液を使ってこなかったのですから肌のダメージは蓄積されているでしょう。

実際に使ってみれば、女性よりも男性の方がより美容液の効果を実感できるとも言えるのです。

保湿タイプがおすすめ

美容液に興味を持って、『使ってみよう』と思っても、まだまだ越えなければいけないハードルは残っています。まずは『どこで、何を買えばいいの?』という問題です。

化粧品コーナーに迷い込めば、それこそ何のためのものなのか分からない数多くのボトルが所狭しと並んでいます。『不審者か?』と店員も不審げに寄ってきます。

とても落ち着いて選ぶことの出来る環境ではありません。

初めは通販でも良いのかもしれません。少なくともじっくり比較検討できます。アンチエイジングとか美白とか、いろいろと効能がありますが、キーワードは「保湿」と「無香料」の二つです。

また、最近では日焼け止め効果をプラスした男性用美容液も販売されています。『日焼け止めだから…』と思えば心理的な抵抗も少ないかもしれません。

化粧水や乳液も併用して

少しずつではありますが、男性でも美容液を試してみる人が増えてきています。

大切なのは、美容液は化粧のためのアイテムではなく、スキンケアのアイテムであるということです。

切り傷には絆創膏を貼りますし、捻挫なら湿布をします。同じように、肌が荒れているならこれをケアするのは、男女に違いは無いはずです。

当然、美容液だけを買って試してみても、効果は長続きしません。水分を補給するには、やはり化粧水が必要ですし、補給した水分を閉じ込める乳液も効果を実感できるアイテムです。

『化粧ではなくスキンケア』という観点から、化粧水や美容液を考えてみてはどうでしょうか?

人気の記事TOP3