そろそろ気になりませんか?中年男性の生活習慣!

適正な体重を知ろう

カテゴリー:記事

健康診断の結果をみると、いろいろ訳の分からない単位の数値の中に「BMI」と書かれた数値があるのをご存知でしょうか?

BMIは「Body Mass Index」の略で、身長と体重から算出される肥満度を表す数値の事です。

昨年の体重を今年の体重と比較して、太った・痩せたと一喜一憂するのではなく、身長と体重から計算される普遍的な指標で肥満を判断しましょうというわけです。

BMIの数値は以下の計算式で求められます。

BMI=(体重kg)÷((身長m単位)×(身長m単位))

身長170cm 体重65kgであればBMI値は22.5になります。

標準体重・美容体重・モデル体重

こうして求められるBMI値から自分の肥満度を判定します。

厚労省が出している指針ではBMIが18.5以上で25未満であれば普通体重と呼び、これ以下なら「痩せ型」であり、25を超えると30未満で肥満度1、35を超えると肥満度2と深刻さの度合いが大きくなっていきます。

また、健康とは少し離れますが、BMI22を標準体重と呼び、BMI20gは美容体重、BMI19をモデル体重というような呼び方もあります。それぞれ、標準体重は健康的な体重、美容体重は健康よりも美容優先、モデル体重はその名の通り、身体の細さでお仕事できるレベルの数値です。

ちなみに、BMIの活用は、日本だけでなく、世界中で行われていますが、各国で肥満か否か、痩せすぎかどうかの判定基準はそれぞれの国で独自に決めているようです。

身長と体重だけでは問題点も

もちろん、この指標で全ての人の肥満度を正確に表すことが出来るわけではありません。

女性も男性も、老いも若きも、同じ指標で図ることには無理があります。

筋肉は脂質と比べて比重が重いので、筋肉質な人ほどBMI値は高くなります。また、身長が高い人ほどBMI値が高くなる傾向があるので、一般的には女性より男性の方が判定には不利となります。

中性脂肪がたくさん付着したお腹を抱えていて、体脂肪率が高くても、少し身長が低めであれば逆に「痩せ型」と判定されてしまう場合もあるのです。

BMIをきっかけに、より詳しい数値を!

前述のような問題点がありながら、世界各国でBMIを指標として採用しているのには理由があります。

実は、アメリカの研究機関から、「BMIと10年後の死亡リスクには相関があり、BMIが20~25の人が最も死亡リスクが低い」という研究結果が発表されているのです。

また、日本でも、BMIが22(標準体重)である人が『もっとも病気にかかりにくい』と言われているのです。

これを読んでいる貴方が、ボディービルダーでも無く、スポーツジムで定期的に身体を鍛えているわけでもない、普通の体型の大人であれば、おそらくBMIは信じられる数値です。

BMIをきっかけに、体脂肪率や体内水分量等や身体の事に、もっと興味を持ってみましょう。

人気の記事TOP3